スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家製真空脱泡機

自家製の真空脱泡機です。

昨年の夏前に急遽製作法を思いついて製作しました。
sinkuu3.jpg
ご覧のとおり、本体は水道配管用のグレーの塩ビパイプです。
内部に水を流して、外への水圧に耐えるのだから1気圧程度の減圧にも耐えてくれるだろうと思い、ジョイフルを探索。
いい具合にフタパーツには水漏れ防止用のパッキンもついています。減圧時の気密も安心です。

上の画像の左下に映っているメーターは、若かりし日に乗っていたAE86に付けていたバキューム計です。
760㎜Hgまで目盛りがあります。減圧時は、車に付けていた時には振れたこともないところまで針が振れます。

sinkuu.jpg
フタの中にひと工夫してあります。
まずは一部を四角く切り抜き、3ミリのアクリル板を外側から強力接着剤で張り付け、のぞき窓としています。
また、中が暗いと何も見えませんので、百均のLED照明を内部に張り付け、減圧時の泡立ちとレジンの固まり具合を確認します。

あとは、本体の塩ビパイプに穴をあけ、バキュームポンプ側に行くバルブと、減圧解除(大気供給用)のバルブを一つずつの計二つを同じく強力接着剤を使ってねじ込みます。

作製直後は、大気圧での圧潰を心配しましたが、製作直後に参加した夏のワンフェスでまったく同じ手法で作製した減圧槽を売っているディーラーさんを発見!
話を聞いてみると、10年以上前から売り続けているけど、減圧で破損したことはないとのこと…。
安心して、その後のキャラホビ2012の準備で大活躍しました。

ただ、真空脱泡向きな型の製作法のノウハウがなかったのと、ポンプの出力が弱いことから、完璧な減圧注型はできず、あくまで補助的なものとして使いました。ポンプを変えればおそらく完璧になるはず・・・、です。

使用したのは塩ビパイプ、パイプをふさぐパーツと点検用のフタのついたパーツ(名前忘れました…)
そして、バルブ2個と強力接着剤、アクリル透明板で・・・、合計7~8千円くらいだったと思います。(上部のフタに使用している部品が結構なお値段だったような気がします)
肝心の真空ポンプは、某所でスクラップにする機械で使わなくなったものをいただき、無料で済みました。(替えたいけど・・・)

仕事関係で使用できる加圧注型、自家製作した減圧注型・・・試した結果は・・・、
最強は遠心かな・・・と思ってしまいました。

現在は遠心注型機の作製準備中です。

そのほかにも、あるマシンを導入しましたが、肝心の原型製作がまったく進んでいませんので、生かせずにいます・・・(-_-;)

ゼネラルレビル1/3400

ゼネラルレビル青バック上面_R
ゼネラルレビル青バック_R
ワードで下絵を作成

ゼネラルレビルNA比較_R
ゼネラルレビルNA比較2_R
ゼネラルレビルNA比較3_R

メタセコサイズ比較

キャラホビ2012後の新作は・・・

さて、キャラホビ2012が終了し、2週間以上が経過しましたが、いまだ荒れ果てた部屋の整理は終わっていません・・・。

いつまでも作業を止めておくのも何なので、新作の3Dデータの作製をぼちぼち始めてみました。
サラミス3D作成画像2_R

サラミスです。
キャラホビの会場でも「量産艦を作ってくれい!」という声が多かったため、まずは作製に取り掛かってみました。
実際のメタセコの画面ではもう少しスマートに見えますが、画像をコピー、貼り付けしたら若干寸詰まりに見えるようになってしまいました。

ホントに作りたいのはサラミス改なのですが、とりあえずはベースの艦を・・・ということで、1時間×2日ほどでここまで来ました。切削のデータとしてはこのくらいの解像度で十分かと。

もう少しバランスを修正して切削してみましょうか・・・。それともサラミス改にしてしまいましょうか・・・。


キャラホビで知った衝撃の事実!!

さて、昨日の衝撃の事実の件ですが…

キャラホビも中盤にさしかかり、連日の徹夜作業から眠気を抑えられなくなっていたころ・・・

「お疲れ様です!」という声が・・・
顔をあげてみれば、そこにはMG誌編集のT氏の姿が・・・。
T氏といえば毎年ホッカイドウモデラーズエキシビジョンに取材に来てくれて誌面でレポートしてくださっていますが、
キャラホビ1週間前に開催された今年のHMEには来ていらっしゃいませんでした。
「いや~、皆勤賞が途切れちゃいました」などど、お話ししていると唐突に・・・
「あ、そういえば、あれ使わせていただきました」「へっ?」

「あれ」とは、2年前のHMEのときに縁あって提供させていただいたガルダのキットのことです。
この時のT氏やP氏との出会いがぼくをその翌年、つまり昨年のキャラホビ2011へとつき動かし今に至っているのです。

キャラホビから北海道の自宅に深夜に帰宅し、さっそく問題の号を探してみると・・・。
今年のモデルグラフィックス3月号です。
DSCN2975_R.jpg
ありました!
DSCN2976_R.jpg
ゼータの地球編でおなじみのあのシーンに登場した複葉機の製作記事です。
DSCN2980_R.jpg
うお~~~!!この見慣れたバックショットのフォルム!!間違いなく我が手で原型を作ったアウドムラではありませんか!!感動です。
あのゼータ劇中でのベルトーチカの衝撃の登場シーンを見事に飾っているではありませんか!!複葉機に興味のないぼくはすっかり素通りして、見逃していましたよ!!
そして製作記事を開いてみると・・・
DSCN2981_R.jpg
「おお~っぅ!!こ、これは?!」
DSCN2982_R.jpg
アウドムラについても記事にしてくれているではありませんか!
製作はけんたろう氏だそうで。きれいに作っていただきありがとうございます。
そしてNORTH GEARの名前までが・・・、そしてありがたいお褒めのお言葉・・・。感無量です!!
小6から読者を続けてきて、まさか自分が原型を作った立体物が誌面に載る日が来るとは思いもしていませんでした。Tさんありがとう。

そして気が付きました。
「あ~・・・この記事のおかげで、ガルダとアウドムラが真っ先に完売したのね・・・」
この記事をみてきてくれた皆さんで、買いそびれたみなさん、ごめんなさい。
こんなことならもっといっぱい用意するべきでしたね(^_^)

キャラホビ2012終了・・・

無事遅刻することなく終了しました(笑)

事後報告になってしまいますが、今回のラインナップをご紹介。

P1060594_R.jpg
ガルダ級より、ガルダ&アウドムラです。今回の一番人気で、すぐに完売となってしまいました。
今回、このガルダのキットについてぼくも知らなかった衝撃の事実が明らかになりました!
これについては後日ご報告します。

P1060602_R.jpgP1060603_R.jpg
ピンボケですみません。レウルーラ、コロンブス、ホワイトベースです。

P1060595_R.jpg
最後にラーカイラム、新作のネェルアーガマとガランシェールです。

NORTHGEARのブースの全景です。こんな感じでやってました。
P1060593_R.jpg
戦艦大和のイベント終了後の出渕裕監督も1.5秒くらい足を止めて見てくれていました(^_^.)
そのほか昨年のキャラホビでお知り合いになった方、このブログを見てくれている方などたくさんのみなさんとお話しできました。来てくださったみなさんありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
 それと何より、キットをご購入いただいたみなさんありがとうございました。多少の気泡等は頑張っていただきたいですが、パーツの不具合等ありましたら、ご連絡、ご相談ください。

とりあえず、これから数日は荒れまくった自分の部屋とガレージ、商品の箱詰めに使用した部屋の掃除に追われそうです。しばらく休養したら、新作に取り掛かりたいと思います。
 新作の候補としては、今回のキャラホビでとてもご要望の多かったサラミス系、クラップ級など量産艦を作ってみようと思っています。そして何よりゼネラルレビル。もう少し資料をそろえて取り組んでみたいと思います。
最近は更新もさぼりがちですが、多少余裕もできてきましたのでこれからは頑張ります!!それでは。

『NORTH GEAR』のモデリング日記

FC2Blog Ranking

プロフィール

NORTH GEAR パパイヤ

Author:NORTH GEAR パパイヤ
キャラホビ2013はお休みします。
宇宙世紀系戦艦は作り続けていきますよ・・・

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。