スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦艦屋1/1200グワジン製作過程

約2年ぶりの更新・・・
パスワードも忘れてましたよ・・・。

HME2015を終えて、今年唯一展示した1/1200戦艦屋さんのグワジンの製作過程を簡単に。

写真 2015-04-18 21 23 44_R  写真 2015-04-18 21 31 44_R
このキットはアニメのスタイルを忠実に再現されていて、表面のディテールは若干あっさり目ですので、自分好みにアレンジしたいと思います。
同スケールのMSもありますので、この辺を絡ませるため、MSデッキを作ります。
写真 2015-05-04 21 05 05_R  写真 2015-05-04 22 10 29_R
実際の設定でグワジンのMSデッキがどう開くかはわからないのですが、そこはオリジナル設定で・・・
写真 2015-05-05 1 39 21_R
とりあえず、開口部を作り、内部をプラ板箱組みで内壁を作ります。
写真 2015-05-06 0 48 27_R 写真 2015-05-08 0 04 59_R
のちの電飾作業のため、天井ははめ込み式で接着しません。
写真 2015-05-08 22 59 51_R
天井や壁に補強やパイロットの待機所、何らかの構造物っぽく見えるようプラ材を張り付けていきます。
あとから塗装が難しそうなので、とっとと塗ってしまいます。

写真 2015-05-12 23 10 51_R 写真 2015-05-13 22 54 41_R

翼端が厚かったのですが、宇宙戦艦に空力的構造は必要ないと考え、厚い部分にメカモールドを追加。田宮の小火器セットです。
翼端を光らせたかったので、翼にファイバーを通す溝を掘り、ファイバー埋め込み後にポリパテで埋めます。

写真 2015-05-29 0 35 12_R 写真 2015-05-29 23 04 13_R
エンジンノズルは、ウェーブのバーニアパーツの大きいものを使用しました。ここの電飾はLEDをセットするだけで
難易度は低かったです。そして電飾してる感がでてうれしい・・・。
写真 2015-06-01 22 04 13_R 写真 2015-06-01 22 27 51_R
カエルの目っぽい部分の窓は、一度すべてくりぬいてしまい、厚みの合う塩ビ板をはめ込みます。裏を貫通させ、内部からLEDを
光らせれば、点灯は簡単です。窓の仕切りはのちほど付けてます。

写真 2015-07-08 23 49 16_R 写真 2015-07-09 22 45 18_R
次は艦首の4列の小窓ですが・・・、後ろ3列は内部が空洞のため、穴をあけてファイバーを通すだけだったのですが、
艦体の厚みが急速に薄くなる最前列の一列部は、内部がレジンのムクのため、そうはいきません。
そこで、裏側にファイバーを通す溝を掘り、ファイバーを設置した後でパテで埋めます。翼の翼端灯と同じ手法です。
窓表面は、クリアイエローに塗った透明プラ板をはめ込んでいます。
写真 2015-07-09 23 40 42_R 写真 2015-07-11 0 03 26_R
最前列も無事点灯。これで山場は超えました。

写真 2015-07-11 0 13 24_R
窓がすべて点灯~~~

写真 2015-07-16 22 58 12 (1)_R
表面のディテール追加。スターウォーズのモデル等を参考にしました。
写真 2015-07-25 2 37 15_R 写真 2015-07-25 23 42 57_R
ベース作製。艦体内部にステーを自作し、DCジャックを設置してます。
写真 2015-07-26 13 48 57_R
ただ、光るだけでは面白くないので、点滅回路を作製。どろぼうひげさんのHPを参考にしてます。

写真 2015-08-03 2 40 06_R
かなりはしょってますが、電飾完了!!ツイッターでは結構詳細にアップしてましたので、そちらを・・・(-_-;)
ここまで来るとHME2015まで日が迫ってましたので、すかさず塗装。
写真 2015-08-14 23 49 20_R 写真 2015-08-16 3 30 38_R
写真 2015-08-17 22 15 53_R 写真 2015-08-18 0 07 50 (1)_R
写真 2015-08-17 22 50 39_R 写真 2015-08-22 0 01 03_R
写真 2015-08-22 0 10 27_R
おまけのミニモビルスーツも製作。ジオング、ギャン、旧ザク(作業用ザクとして黄色塗装)は戦艦屋製、ザクⅡはガウに付属
のものです。
写真 2015-08-19 0 51 00_R 写真 2015-08-21 0 24 08_R
汚し塗装。また、ところどころ黒っぽくなっているラインのようなものは、装甲維持班(?)が漂流物の衝突や戦闘のダメージを補修した後という想像で付けてます。ヤマトの戦艦を製作されている方々のマネをしました。
写真 2015-08-22 1 42 56_R
MSデッキ内にミニMSを設置。
ここで、この作品のシチュエーションの解説です。
まず、この作品は「めぐりあい宇宙版」として製作しました。
出撃するジオングについて
  ア・バオア・クーへ入ったキシリアのグワジンからシャアとキシリアはア・バオア・クーへ移動するシーンがあります。
  キシリアとシャアが話し合った後、キシリアはその後ギレンのもとに行きます。シャアはジオングで出撃するわけですが、
  劇中ではこれがどこのMSデッキから出撃したのか判別できません。唯一の手がかりはジオングの後ろにシャアのゲルググの
  足が見えているため、グワジンからの出撃だったのだと断定させてもらいました。
グワジンのMSデッキ内のギャンについて
  劇場版ではマ・クベは出撃してガンダムに撃墜されておらずグワジンに乗艦しています。このため、グワジンのMSデッキに
  ギャンがあってもおかしくはないだろうと考え、デッキの一番奥にギャンを配置することにしました。
  ホントは片腕になったシャアゲルもあればよかったのですが、同スケールのゲルググがないため、MSデッキの奥の扉の
  向こう側にあることにさせてください・・・。
  
  写真 2015-08-22 19 02 25_R
この作品の見どころの下部MSデッキがよく見えるように、ベースには鏡を設置してます。
でも、HMEではMSデッキに気づいてくれる人は多くなかったです・・・。ちょっと残念。
写真 2015-08-22 19 02 41_R
なにはともあれ、HME2015で無事展示することができました。
ガレージキットディーラー活動はなかなか再開できませんが、HMEなどで作品を通じて交流できるのは
本当に刺激になります。
ツイッターだけでなく、ブログの更新もたまにはしないと、ですね。
P1110914_R.jpg









 

 
スポンサーサイト

なつかしアイテム発見!

札幌市内のとある老舗模型店のショーケースの片隅に懐かしいアイテムを発見。
20151028b
コトブキヤのレジン製の展示ベース『メカだいちゃん』です。
中身はこんなです。
20151028a
記憶が確かなら、20年くらい前のものだと思います。
ネオジオとかゲードライが現役で売ってた頃だったかな。

当時はあまり見向きもしませんでした。が、今みると、スペースコロニーの外壁のような、月面都市の一角のようなこの外観・・・。今ならば、使い道がありそう、ということで、残っていた二つを購入してきました。
900円の値札がついていましたが、二つとも買うということで、1500円に負けてくれました!

早速・・・
20151028
ゼネラルレビルと並べてみました。
パイプ等の表現が、かなりオーバースケールですが、雰囲気はOK。
次回作の展示ベースとしましょう。

クラップ級製作進行中

仕事の忙しさと体調不良から進行は非常に遅いですが、クラップ級の製作は前進しています。
CG上で設計、サイズ合わせを行って、切削データ作成。
クラップ1

ワックス切削します。
クラップ2

これをシリコンに埋めて、レジンに置換。(今ココ)

今週末は、レジンを流して、バランス確認用のサンプルを組んでみたいです。

HME2013終了

またまた、久々の更新となりましたが、HMEも終わり、キャラホビ出展も取りやめたということで早くも今年の夏は終わったという感じです。

ここで、中途半端で止まっていたゼネラルレビルの製作をまとめておきたいと思います。
逆さまになってしまった画像もありますが、ご勘弁を。

ゼネラルレビル等サイズ比較_R
メタセコイアで作った3Dデータです。以前作ったネェルアーガマ、ガランシェール、サラミス級とのサイズ比較画像です。この画面で全体寸法を確定していきます。

このデータの各パーツをバラし、切削用に配列し直します。iModelaは切削範囲が限られますので、必要であれば分割して収まるように配置します。
IMG_0334_R.jpg
画像はサラミスのものです。

このデータをMP4に持っていき、
ツールパスを作成します。
IMG_0335_R.jpg

そしてひたすら切削!
今回はワックスを切削させました。
IMG_0337_R.jpg
小さな画像で分かりにくいですが、カタパルトデッキを除いて、すべて片面の切削で作業しています。
このワックス原型をシリコンに埋め、レジンを流し込み、レジンに置き換えて細かい彫刻作業や、プラ板細切りを張り付けたりしていき、原型作製を続けます。
 ここで、大まかにパーツを一組そろえ、試作品を作製してバランスの確認と以後の作業の見本とします。
IMG_0343_R.jpg
ここで完成形が見えてくるので、かなりできた気になってしまいます。

IMG_0350_R.jpg
このように筋彫りやプラ板細切れを張り付けていきます。細かい部分は設定を気にせず、感覚で進めていきます。

IMG_0749_R.jpg
こうしてできた原型を粘土に埋めて、

IMG_0756_R.jpg
レジン注入。今回は遠心注型を使用してみましたが、原型をもっと分割するべきでした。
成功率が低いです。ある程度コツはつかめましたので、次回はもう少しうまく型を作りたい・・・。

こうして出来たレジンキットをHME前の約3日間でざっくりと作りました。
IMG_0759_R.jpg

原型に半年、キット製作は3日・・・。ここ数年HME前はこんな感じですが、もう少し計画的にできないものか・・・。

ネェルアーガマ、ガランシェールとの3ショット
IMG_0845_R.jpg
「怪物級ですぜ~・・・」

サラミス改級も同様に組み立ててありますので、後日アップします。

さて、次回作ですが・・・
連邦系の艦が続いたので、流線形の美しいジオン系の艦にiModelaを使用して挑戦したいですね。
はたして、3Dデータを作れるのか・・・、まったく不安です。

それと、ぼくのHME初参加からの仲間がブログを始めました。
フィギュアや怪獣に関してはかなりの実力だと思いますので、ぜひ一度見てやってください。
リンクの一番下にある「モデラーのようです」です。よろしくお願いします。




キャラホビ2013参加断念

今年のキャラホビマーケット参加は、色々考えた結果、
断念する事になりました。

無理をすれば、いけないこともないのですが、
自分の体調、家庭、仕事・・・、といった諸事情から検討し、このような結論になりました。

準備も何とか間に合う進行で進めていましたが、
ゼネラルレビルとサラミス級は、とりあえず型は起こしておき、HME用に完成品を仕上げ、
量産作業はしません。

現時点では来年のキャラホビマーケットも参加は厳しい見込みです。
しばらくの間は、販売を前提としない模型作りをゆっくり楽しんでみようかなと思ってます。

ゼネラルレビルの原型製作状況もアップをサボっていましたので、近々順を追ってご紹介しますね。


『NORTH GEAR』のモデリング日記

FC2Blog Ranking

プロフィール

NORTH GEAR パパイヤ

Author:NORTH GEAR パパイヤ
キャラホビ2013はお休みします。
宇宙世紀系戦艦は作り続けていきますよ・・・

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。